オンライン配信サポートはじめました(2020年8月〜)

MixEffectを使って動きのあるワイプ画面を作成

オールインワンのスイッチャー「ATEM Mini Extreme」に色々とプラグインがあるようで、試しに使ってみました。今回試しに使ってみたのは「MixEffect」です。Extremeの「スーパーソース機能」と「マクロ機能」を強化したようなアプリです。

ワイプ画面に動きをつける

Extremeの「スーパーソース機能」を使うと、画面レイアウトがかなり自由に作れます。かつ「マクロ機能」を使うと、それらを動きも含めて保存しておけます。

そうした機能を組み合わせてアプリにしたのが「MixEffect」です。以下では、テンプレートのワイプ画面を切り替えて、動きの確認をしてみました。

▼登壇者4名を紹介するようなシーンを想定。

▼2名のディスカッションを想定。

動きとしては、ちょっとスムーズさに欠けるかなと思いますが、こんな動きのあるレイアウトを簡単に実現できます。ちょっとしたアクセントになるので、イベントのオープニングとかに使ったらおもしろいかなと思います。

使い方は、Extremeと同じwi-fi環境に入り、スマホかipadで操作します。英語版ですが、直感的にわかりやすい操作画面になっています。

タイトルとURLをコピーしました